近未来都市「Oasis TOKYO」はどこにできる!?

有名人・有名企業でメタバースの土地を持っている人は!?

近未来都市「Oasis TOKYO」を建設

コインチェックは、コインチェックが所有するThe SandboxのLandに2035年の近未来都市「Oasis TOKYO」を建設します。2022年春に一般公開される予定です。

本取り組みは、メタバース上での活動を体験する機会を提供することやThe Sandbox上でのコミュ二ティ活動の活性化を目的とし、2022年春に一般公開を予定しています。Oasis TOKYOは、2035年の近未来都市をコンセプトにしたメタバース×NFTのコミュニティ拠点です。日本を連想させる象徴的な街並みの中に美術館やステージなど様々なイベント施設を設置し、さまざまな分野のアーティストとファンとの交流や企業のコミュニティ育成の場として活用してもらうことを目指しています。

コインチェックと『The Sandbox』は2020年9月にパートナーシップを締結し、NFTマーケットプレイス「Coincheck NFT(β版)」でのLANDの販売など、日本市場での『The Sandbox』の認知拡大を推進してきました。2021年後半より、メタバースやWeb3.0に注目が集まり、これまでのSNSやその上に成り立っていたコミュニティの形も変化していくと言われている中で、両社で連携し本取り組みを行うことで、近い将来訪れるであろうバーチャルなメタバースの世界を体験していただくきっかけを創出していきます。

Coincheck HPより

現実の不動産vsメタバースの不動産

コインチェックがESTATEを販売へ

コインチェックが「Oasis TOKYO」周辺のESTATEを販売へ

コインチェックテクノロジーズ株式会社が提供するNFTマーケットプレイス「miime」は、The Sandboxのメタバース上の土地「ESTATE」を2022年2月9日より11個限定で販売します。販売されるLandは、Oasis TOKYOの周辺エリアに位置しています。

「Land」と「ESTATE」土地の大きさは!?

LAND
  • 1区画(96m×96m×128m)
ESTATE
  • Sサイズ:9区画
  • Mサイズ:36区画
  • Lサイズ:144区画
  • XLサイズ:576区画

【The Sandbox】メタバースの土地の大きさはどれくらい!?

Oasis TOKYOは、The Sandboxのどのあたりに位置するのか!?

Oasis TOKYOは、The Sandboxのどのあたりに位置するのでしょうか。coincheckHPでESTATE販売がOasis TOKYO付近と記載があります。そのlandと周辺の位置からすると上記左側の画像のThe Sandbox全体マップの右下あたりに位置するのではないかと予想がつきます。少しずつlandの価格も上がってきています。Oasis TOKYO付近の価格も上がっていくのでしょうか。楽しみです。

※2022/2/12現在一番左上の画像の通り、Oasis TOKYOのアイコンが確認できました。予想通りの場所でした。

【Sandboxのland所有日記①】エアドロ