【合格者が話す】教室講座がオススメな3つの理由

私が感じた教室講座がオススメな3つの理由

私は、TACの教室講座でしたが、 教室講座でよかったと思っています。そこで今回は、私が感じた教室講座がお勧めの理由3つをお話していきたいと思います。

【合格者が話す】鑑定士の勉強で失敗した5つのこと

分からないことを先生に質問できる

1つ目としては、講義でわからないことを先生に質問できるということです。もちろん通信講座でも質問をメール出来ますが、レスポンスがすぐに来るわけではありません。

講義を受けて、わからないことを質問して、その場で理解することが重要です。そうでないと講義の復習をする時に、理解できていない点が残り、ろくに復習ができません。

ちなみに、教室講座を受けていると感じることがあります。毎回、先生に質問する生徒は同じ人です。受かる人は意識が違うと思います。

勉強仲間を作れる

2つ目です。教室講座は、勉強仲間を作れるということがあります。勉強方法の共有、モチベーションの共有、勉強仲間がいるということはプラスになることが多いです。今は、SNSが発達しているので、SNSで勉強仲間を作ることは出来なくないと思いますが、通信講座では常に会うわけですので、一番勉強仲間を作りやすいと思います。

相対的に自分の位置がわかる

3つ目です。一人で勉強していると、周りと比べて自分の勉強の進み具合、自分の位置がわからないです。もちろん試験慣れしていて、トップ合格する人はそんな心配は要らないでしょう。

しかし、凡人の私は同じタイミングで勉強を開始した人達と比較して、自分の勉強・暗記がどれくらい進んでいるのか、レベルアップしているのかを確認しながら、合格までの計画を立てて進みました。そういった意味でも教室講座の方が合格への近道かと思います。 

【合格者が話す】「宅建」と「不動産鑑定士」の勉強時間の差

実際合格者では教室講座の方が多いのか!?

実際、私が鑑定士試験に合格して気づいたことは、合格した人達の中には教室講座の人の方が多かったということです。もちろん通信講座の合格者も何人もいました。しかしそういった人たちは長く鑑定士試験を受けている人、弁護士や会計士でダブルライセンス取得で勉強してきた強者など一部という印象でした。

結論、試験勉強に相当の自信がある場合以外は、教室講座をお勧めします。 

【合格者が話す】鑑定士の勉強でやらないと決めた3つのこと