【合格者が話す】鑑定士試験に生かす行動が変わる5つの思考法

物事は、捉え方次第

ある物事に対して、捉え方は人それぞれです。

その物事に対して前向きに、ポジティブに捉えられるかは大きなポイントだと思います。

1.01の法則

鑑定士の勉強は、果てしなく遠いです。

特に鑑定評価基準の暗記は、毎日の積み重ねしかありません。

1日たりとも暗記をしない日があると後退します。

1.01の法則。毎日の積み重ねが1年後、2年後、必ず花を咲かせます。

変えられるのは、自分と未来

他人と過去は変えることはできません。

自分と未来は変えることができます。 

鑑定士になる夢を実現できるかは、自分次第です。

他人と比較しない。比較するのは、去年の自分

他人と比較しないことです。

鑑定士試験に、10か月で受かる人、2年で受かる人、10年かかる人もいる。

10か月で受かる人と比較して、自分は出来ないと嘆く必要はない。

去年より、鑑定評価基準の暗記は進んでいるか、去年より、成長しているか、

今の自分が、去年の自分と比較して成長しているかが大事。

その延長線上に合格はあります。

鑑定士試験に合格したイメージを常に持つ

イメージを持つことは重要です。

掃除が嫌いな人は、掃除をする面倒なイメージをします。

掃除が好きな人は、きれいになった部屋に家族や友達を呼んで、楽しむイメージをします。

鑑定士の勉強は、長く辛いことも多いです。

だからこそ、合格した時のイメージを持つことが大事です。

【合格者が話す】「宅建」と「不動産鑑定士」の勉強時間の差